letrasde.net

letras de 1986 omega tribe – north shore

por favor espere um momento...

指先を風に立て 日没(ひぐれ)まで波待った
ボードの影 消えても砂だけが熱いね
君のため息で 移動(うご)く波打際さ
細い背中だけが 時間(とき)止めてる

黄昏の渚より 淋し気な瞳だね
哀しい過去(きのう) 海に棄てに来たひとだと
見かけた時から 気づいていたよずっと
理由(わけ)話してみなよ… よければ

north shore
青いスロープ 眼を細め
チューブくぐる 幻(ゆめ)のビッグ・ウエンズデー

君の手のひら 放れた想い出が
指環みたいに 煌(きら)めいて消えてく…

先に帰った君に 教えたフライト・ナムバー
十月のエアポート 恋は始まったね
週末ごと君抱きしめ 過ごした部屋
夏のカレンダーに変わった

north shore
波のように しなってく
灼けた肌がまぶしすぎて
秋にひとりで あの海岸(うみ)イ飛(と)びたつと
愛し合うたび 言い出せないままさ

- letras de 1986 omega tribe

Letras aleatórias